2019年10月18日

米朝同盟!?

今回は時事ネタで、前回の「北朝鮮のミサイル外交」からの続きの記事とも成っています。
前回の記事と合わせてお読みください。

前回リンク

★米朝同盟!?
前回の事から「短距離ミサイルばかり撃ちまくっていた北朝鮮が、日本前途を射程に収めギリギリ米グアムに届かない中距離ミサイルを試射し始めた」と言う現在の北朝鮮の行動を考えた場合、以下の可能性が考えられます。

まず第一に、米国とは対立しない!

第二に、それ以外の極東の国々に対する圧力を掛ける意図が有る!

この2点が考えられます。


①米国との関係の改善
まず第一に米国との対立が無いと言うのは、一応「表向きには互いに経済制裁を行っている敵性国家と成っていますが、北朝鮮が7月に入ってから射出している短距離ミサイルに米国の技術が使用されている」と言う点から導き出せます。

当初は韓国から流れているのでは無いかと言われている方も居ましたが、その場合韓国の存在が決して許される様なものでは無くなる事になります。

もし韓国が横流ししているのであれば「韓国が周辺諸国に対して恫喝的外交を行う国に対して援助を行い、安全保障を脅かした」と言える事と成り、米国としては特に日本に対しての同盟を考慮した場合、その様な国家を同盟国として扱う訳には行かなくなるからです。

この件に対しては米国は沈黙を保ったままですが、何も言わない理由の可能性として考えられるのが、「米国が直接的に北朝鮮を支援して多段タイプのミサイル技術を北朝鮮に与えた」と言うモノで、その場合北朝鮮は裏で米国と繋がったと考えられます。

※米国の技術は、切り離した他段ロケットの弾頭部を再コントロールし、迎撃を難くすると言ったモノです。


②第二に国家間関係の変化
北朝鮮がミサイルを打ちまくり始める前と後では、極東では国家関係が変化している事にお気づきでしょうか?

それは「日本と中国」と「韓国と日本」です。

日本と中国に関しては、2010年ごろに起きた尖閣諸島近海での漁船衝突以後、日中の関係は冷え切っていましたが、ここに来て両国の政府が主導して関係の改善を行おうとしています。(ぶっちゃけ国民を無視して行っているため、日本政府に関しては本当にその気が有るかどうかは疑わしいですが・・・)

これが中国と関係が悪化し敵対路線に舵を切った米国からしてみれば、容認できる様な事では無いと考えられるのです。


日本と韓国に関しては、既に韓国による「GSOMIA破棄」や「国際法を守らない、強弁過ぎる対日外交」を見れば、最早説明する必要さえ無いと思われます。日本はこの韓国の行動に対して、戦略的放置、積極的無視で対応し始め、その関係は当分の間元に戻りそうにありません。


★中距離ミサイルは日本に対する米国の恫喝か?
上記の二点の環境の構築により、「北朝鮮と米国の深化」と「日韓の米国からの距離置き」が予測でき、中国と対立する為に北朝鮮と関係を深めた米国としては、この日韓の二国を何とかしなくては成りません。

と言っても米国としても、韓国に対してはともかく、戦争にならない様に中国と関係を改善しようとしている日本に対して「関係の改善は行うな」とは言えません。

そこで、その様な事を言えない日本に対して、米国と良好な関係を築きつつある北朝鮮が

「米国製技術のミサイルを発射しているのを見ても分かると思うが、うちは米国と関係を結びましたんで、御宅の国(日本)に届くミサイルを発射したのは、米朝同盟を敵に回せば、ウチ(北朝鮮)が御宅に核ミサイルを撃ち込むって言う意思表示だから注意しろよ」

と言う意図が有って行ったのでは無いでしょうか?


この事から中国に対するモノであると同時に、中国との関係を改善しようとしている日本に対して、表向き反日本的な立場を取れない米国に変わって「裏切るな」とのメッセージを発信した可能性も有るのです。

事実米トランプ政権は、この北朝鮮の行動に対して「問題にしない」との発言を述べており、北朝鮮への寛容が見て取れます。

ちなみに北朝鮮が韓国に対してミサイル威嚇を行い「GSOMIA破棄」を要求するのは、韓国の行う米中日間のバランシング外交に対して、韓国民に危機的意識を植え付け、米韓同盟から離脱させない様にするための危機感煽り目的で行っている可能性も有ると考えています。

米国の立場としては、韓国に対してはともかく、日本に対して強く出過ぎて本当に中国側に追いやる真似だけは避けたいと思われます。そのため北朝鮮に今回のミサイル恫喝を行わせたと考えるのは、地政学的に考えたおかしな事では無いのでは無いでしょうか?

-------------
以上を持って"北朝鮮のミサイル外交"の後編とも言える「米朝同盟!?」の考察を終了したいと思います。

なお当ブログで述べている事は、ブログ主個人の見解に過ぎませんので、間違いなどが有るかも知れません。その様なリスクを御理解の上で閲覧してください。

本日はココまで!!



面白かったらポチっ!

とリンクをクリックしてね♪

    ↓


国際政治・外交ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


nh01ai33 at 07:00戦略 | 地政学
プロフィール
ブログ主:無責任野郎
職業:今、無職

参考にした文献の著者
およびチャンネル、ブログなど

≪チャンネル≫
 地上波テレビ
 チャンネルグランドストラテジー
 THE STANDARD JOURNAL2
   アメリカ通信
 チャンネル桜
 虎ノ門ニュース(DHCシアター)
 国際政治チャンネル

≪経済評論家≫
 三橋貴明 氏
 藤井聡 氏
 上念司 氏
 渡邉哲也 氏

≪戦略家≫
 エドワード・ルトワック 氏
 孫子(兵法書)

・コメント欄について
 閲覧者様方のコメント入力フォームを削除させていただきました。
ランキング

国際政治・外交ランキング

ためになったらポチっ!
とリンクをクリックしてね♪

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
記事検索
  • ライブドアブログ