2017年10月08日

大東亜戦争とアジア解放は正しかったのか?

今日は歴史問題で「大東亜戦争とアジア解放は正しかったのか?」でお送りいたします。

大東亜戦争、または太平洋戦争ともいわれていますが、日本の保守や左翼双方から、この戦争に関して賛否両論言われています。

始めにブログ主の立場を言わせていただきます。
ブログ主的には、「大日本帝国の行ったアジア解放の為の戦争は、正しくはなかった!」と言う結論を提示させていただきます。

保守の方々からは批判を受ける可能性が有りますが、勘違いしないでほしいのはブログ主は基本的に、保守の方々には好感を抱いています。では左翼の人達は嫌いなのか?と言うと?、それも違うと言うしかありません。

日本では左翼でも保守でも先の大戦に対して、勝利か、敗北か、正義か、悪か、等の多くの考えや解釈が存在します。本日はそれらの考えを考察していこうと思います。

----------------
大東亜戦争の正否に関して日本人の考え方は、だいたい次の四点だと思います。


1.日本は大東亜戦争に勝利した。理由は結果的にアジアは解放されたからだ。

 この考え方を持っている人達は、保守の中でも比較的多い部類だと思います。元々東南アジアに日本が進出する前までは、欧米列強の国々が支配していました。基本的に日本は、東南アジアの人達とでは無く、白人種のアジア人支配と戦い敗北しました。ですが結果的に西欧の国家はアジアを統治出来る能力を失い、アジアから撤退し当初の目的を果たしたので日本の勝ちだ。という考えです。

但し、この考えは巻き込まれた現地住人の立場を無視している様に見えます。いかなる事情が有ろうとも、現地の人々を巻き込んだのは紛れもない事実なのです。それを正しかった等と言われれば、東南アジアの人々は日本人に反感を抱かざる得ないでしょう。そのためこの様な考えを大声で吹聴するのは、考え物だと思います。

日本の戦ったアジア解放の戦いは、悪でこそないが、決して称賛されるモノでは無かった。どれだけ綺麗事を言っても多くい人が死ぬ戦争だから、その行いが称賛される様な事が有っては成らないと思います。最も、だからこそ日本は敗北したのだと思います。


2.日本はアジアを侵略し現地の人達に被害を及ぼした。アジア解放は侵略を正当化するための建前だ!

 この考えを持った人たちは、リベラルの人達が多いと思います。どの様な結果をもたらそうとも日本がアジアを植民地扱いして現地人の人達に被害を与えたのだから批判されるべきだ。という考え方です。

但し、この考えかたは第二次世界大戦中の事だけを見た場合に限ります。

それ以前に日本の立場から見ると、他のアジア諸国が不甲斐ないばかりに、日本に対する侵略経路に成り下がっており、見過ごすことが出来なかった。と言う考えも有りますので、その点を考慮すれば「お互い様」と言えなくも有りません

時間軸を含めた観点から、何が原因になっているのかを考えなければ、物事の本質が見えてきませんので、注意が必要かと思います。


3.どれだけ綺麗事を語ろうとも、戦争に負けたため日本の負け。負けた日本が悪い!

 日本の人達に一番浸透している考え方では無いかと思います。自分達の行いをどれだけ装飾しようとも負けは負け。と言う考え方です。(これ以上語る事は無い)


4.日本は戦わなければ滅ぼされていたので、戦争はやむ得なかった。

 この考え方も保守の人達の中では、よくある考え方です。実際アメリカは日本人を死滅させ、日本本土にアメリカ人を入植させる作戦も立てていたため、間違った考え方ではありません。(ダウンフォール作戦)

戦争はダメ!ただし戦争をしなければ大和民族は滅びていたかも?と言う考えを持ったうえでこの様な考えを持っていると、ブログ主は考えています。つまり「正しいかどうか」ではなく戦うしかなかった。と言う考え方です。

(ちなみにダウンフォール作戦に関しては、卑劣な作戦だとは思いますが、当時の米国の取りうる地政学的環境から導き出される戦略としては、当然の作戦だと思います。むしろ原爆よりもこちらの方が本来は本命であったと思われます。アメリカとしてはユーラシア大陸に隣接している防壁である日本列島を、一民族の支配下に置いておく事を容認すると、バランス外交で大陸諸国が海洋に進出するための侵攻ルートとして、利用される可能性があるためです。そして現在は、正にその様な状況と成っています)


-------------------

正直な所、西欧列強の国々も東南アジアの諸国に独立を約束していましたが、戦後に手の平を返して再侵略を行いました。そのため西欧のアジア諸国に対する独立自治の約束等は、日本の言った事に比べると、結果的に価値が無いと言う事が分かります。


ですが、どの様な考えでも結果的に日本は負けたのだから……、負けた日本が邪悪だったのだから……、と言った考え方が主軸となって日本人の心を蝕んでいる事が分かります。

では全てにおいて日本の行った事は間違った事なのでしょうか……

ソレは分かりませんが、一つだけ正しかった事が有ります。



アジア解放の理念」です。



そもそも日本にとってアジア解放のための戦争とは、何だったのでしょうか。日本を批判するだけの左翼の人達は、日本の掲げたアジア解放の理念は、アジアの解放は、正しくなかったと言う気なのでしょうか?

ブログ主はその様には考えていません。左翼の人達がその様に考えている人ばかりとも思いませんが……

何故ならば、真にアジア解放が正しくなかったのであれば、大日本帝国が崩壊し、日本軍が撤退した後に戦い始めたアジアの人達の立場は、アジアの解放と言う「悪」を行おうとしている人々と成る。と言う事になってしまいます。

ですが左翼の人達とて、その様には考えないでしょう。

何故でしょうか?

それは日本が関わっていないからです。恐らくは左翼の人々の視点では日本が関わっていたら全てにおいて日本が悪なのでしょう。(彼らに聞いた事があるわけでは無いので、確実にその様に考えているとは断言いたしませんが)


----------------------

寧ろ全く逆なのです。日本が負けたからこそ!「正しいアジア解放となった」のでは無いでしょうか?

ココで逆に日本が欧米諸国に戦争でも勝利した場合は、どうなったかを考えれば良いのです。日本軍が丸ごととは言いませんが東南アジアに残り、安定して軍政を布いて「日本国の日本人の為のアジア解放」に成ってしまった可能性もゼロでは無いと思えるのです。

ですが結果的に日本は戦争には負けました。だからこそアジア諸国の人々は、真に求めているアジア解放の夢を実現する為に、自分達の力で解放のための運動を行ったのです。そして、ソレこそが重要な事なのです。

この自分達の力でアジア解放の為の戦いを行うと言う事が、日本軍が去った後の、現地の人達の胸の奥底に残った思いを現実化させたものだからです。

もしアジア解放の理念が邪悪な思想だったら、白人に虐げられた現地の人達も、決して独立戦争など起こそう等とは思わなかったはずです。全世界の人達もアジアの解放、自主独立を非難したでしょう。



日本は戦争に負けました。日本によるアジア解放は終えました。それでもアジアの人達の胸には「自主独立は尊いモノだ」と言う理想が残りました。だからこそ現地の人達は、残った日本の軍人と共に戦い、「アジアの自主独立による解放」の夢を、己の血で贖い、成し遂げたのです。



「日本は勝利できなかったからアジア解放は間違いだった」では有りません。

「日本が勝利すればアジア解放は成っていた」でも有りません。

「アジアは解放されたのだから結果的に目的を果たした日本の勝利だった」でも有りません。



日本は勝利せずに負けた。

「大日本帝国の行ったアジア解放の為の"戦争"は、正しくはなかった!」

それでもなお受け継がれ、実現された理想であるが故に……


日本の掲げた「アジア解放の"理念"には、真の正義があった」


と言う事が証明されたのです。

-----------------------

今回のお題は戦争目的に関する事でしたがどうでしたでしょうか?

ぶっちゃけ言っている事は「負けたから正しい(負けたから結果的に正しい事が証明された)」と言っているのですが……

共感できるかどうかは、個人の主義主張の問題なので、ブログ主としてはあまり考えずに書きました。

正直言うとブログ主は、大東亜戦争に負けてホッとしているタイプの人間です。当時の日本の国力を考えれば、あそこで負けなければ逆にアジア情勢に引きずり込まれ、もっと悲惨な事に成っていたのでは無いかと思えるからです。(無論多くの被害者が出た事は悲しむべき事ですが……)

実際その後のアメリカの世界戦略を見ていると、ため息が出るばかりですし。


ともあれ今回のお題に関しては、コレにて終了となります。

また次回で会いましょう。


面白かったら是非ボタンをポチっ!とクリックしてね♪

人気ブログランキング

nh01ai33 at 09:00コメント(0)歴史 | 哲学

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介
ブログ主:無責任野郎
職業:今、無職

参考にした文献の著者
およびチャンネル、ブログなど

≪チャンネル≫
 地上波テレビ
 チャンネルグランドストラテジー
 THE STANDARD JOURNAL
         アメリカ通信
 チャンネル桜
 虎ノ門ニュース(DHCシアター)
 国際政治チャンネル

≪経済評論家≫
 三橋貴明 氏
 藤井聡 氏
 上念司 氏
 渡邉哲也 氏

≪戦略家家≫
 エドワード・ルトワック 氏
ランキング

国際政治・外交ランキング

ためになったらポチっ!
とリンクをクリックしてね♪
  • ライブドアブログ