2017年10月10日

特定アジアに対してのコントロール外交?

今回は、「特定アジアに対してのコントロール外交?」でお送りします。
ぜひとも前回の「性善説の勘違い?」と一緒に読んでほしい。


コントロール外交とは何なのか?と思われるかも知れませんが、要は如何にして騙してコントロールするかと言う事である。


では如何にして相手国を騙しコントロール下に置けばよいのだろう?


それは「国家」である、と言う処を利用すれば良いのである。


ココで重要なのは国家とは、人の集まった集団で構成されるコミュニティである。と言う事である。


つまり国家を騙すと言う事は、即ち国家を構成する国民を騙すと言う事である。

では人間はどの様な時に騙されるのか?
騙されやすいのか?
どの様な事を信じてしまいやすいのか?

既に答えは出ている。知っている人も多いだろう。

それは、「自身の正義を信じてしまった時」である。

即ち「ブログ主の考察した真の性善説?」である。


---------------

★日本国政府は嘘を吐いているのか?

 日本国政府は嘘を吐いていない。少なくても表向きは民間が他国で収集した、もしくは他国の人に言われた嘘かもしれない事を真実である。と信じ込んだフリをして、日本国民の間にまき散らしているだけである。

例えば南京大虐殺の証拠と言われている写真等が有るが、実際は当時の中国で事変が起こった時に、日本人が虐殺されて時の写真であったと言う事が、近年になって、当時の新聞と共に紹介されるようになった。

ようは切り抜き(トリミング)による情報操作が有ったのだ。ただし、この誤認した情報の提供者は日本人である。と言う事が近年に分かってきた。

つまり日本の一部の人が、特定アジアや世界中の人に、日本は酷い事を行ったと言う事を、証拠と言われるモノと共に提示していたのだ。(ただし本当に日本人であるかどうかは分かりませんが……)

しかし、コレはあくまでも一般市民であり、日本国政府の公式見解として認めてはいない。日本政府は、紛らわしい言い方で「日本が酷い事を行った、とも取られかねない発言」を行っているだけである。

河野談話は村山談話を含む特定アジアに対する声明では、よくよく文章を読んでみると、日本は「酷い事を行った」とも、「行っていない」とも、双方から解釈できる発言を行っている。


------------------

★日本は、いかに嘘をつくのか?

何故矛盾ばかりの日本を貶める噂が世界に流布されているのだろうか?

それは日本国内で発生した噂が、戦前や戦中の情報と結合して巨大な噂と成って世界に蔓延されているためである。元々ただの小説だった「いわゆる従軍慰安婦問題」や捏造証拠や噂を基準とした「南京大虐殺」及び「731部隊」の問題。

日本国内で他国が吐いた嘘を真実であるかのように、国民に教え込む。結果として日本国民がソレを信じ込んで謝罪しまくって、「日本は邪悪で残忍な国家である」と言う認識を特定アジアや世界の人達に与えてしまった。


「しかし」であるが、この場合、嘘を吐いているのは日本では無く、最初に嘘を吐いた国である。

南京大虐殺問題であるのであれば、ソレを米国に発信し対日参戦を促そうとした中国であり、いわゆる従軍慰安婦問題であるのなら朝日新聞に情報を持ち込んだ記者と親族(自称在日韓国朝鮮人慰安婦)である。

南京問題とて、あくまでも戦時中に対日戦争を有利にするために中国が発生させたモノなのだ。日本のついた嘘ではない。

「いわゆる従軍慰安婦問題」も韓国が火と油を渡されて、反日日本人と共に自分達の覚悟の上で世界に振りまいている。

もしこれ等が捏造されたモノであるのなら、関わっている日本人なら自民族に対する自戒で済むが、それ以外に国の人ならば、日本に汚名を着せて、国際社会で日本が存続できない様に、孤立させるための謀略である。と言われてしまうだろう。

嘘を言っているのが民間である以上、日本国政府は公式には嘘を吐いていない潔白の存在である、と言える。たとえ日本政府が裏からやらせているとしても……、である。


---------------

★非常時の嘘と、平時の嘘は?

 南京大虐殺の事に関しては、戦時中の混乱期に起こったと思われる事に関連する事件である。特に戦時中は相手を騙して混乱させるために、嘘を吐く事は必ずしも悪ではない。それば戦争の中で生存のための戦略であるからだ。

戦時中に流されたプロパガンダを信じる人は、基本的には居ない。それは戦時と言う緊急時に吐く嘘は、生存の為に流される嘘であるため、ある程度は容認されるからだ。(生存の為の緊急避難的な情報操作は、なりふり構わず行われるため、その様な事を非難する人は多くない)

だが逆を言えば、平時でその様な他国の信用を追い落とし、生存権を破壊しようとする行為を行えば、後ろ指で指される様な行為と成るのである。


例え戦時中は許される事でも、戦後(平時)は許されない事になるため、戦時中に発生させた嘘を「嘘である」と言わなくては、「平時でも嘘を吐いている、信用できない国家である」と言われかねないのだ。


------------------

★国民が押し付けられた正義に騙されると、外国勢力に利用される。

米国を含む周辺諸国は、日本の歴史認識を利用し、日本が周辺諸国と団結できない様にバランスを取ってきた。しかし、ここに来て日本を悪とする歴史認識が、特定アジアの反日の加速と、中国の日本侵略に相当する行為の大義名分として利用される様になり、結果的に米国は日本防衛の為の負担を押し付けられ、バックパッシングされる側に回されたのである。

中国や韓国はどうだろう。日本叩きを行い日本は邪悪で卑劣な国であると言う事を、自国民に教え続けたがゆえに、対日融和政策を行いにくい状況を招いてしまい、外交を制限する事と成ってしまった。

自国の正義を信じて、他国を悪に仕立て上げた国は、その正義を証明する為に、自国の外交を制限して、一本道のルートを進まざる得ない状況に成ってしまう。

一度でも嘘を信じ自分達は正義で日本は、悪である。と言う事を信じ込むと、中国の様に侵略の指向性を与えられたり、韓国の様に経済や産業の破綻危機時に助けてほしいと言えない状況を誘発させられたり、米国の様に防衛負担をかぶらざる得ない状況に成ったりするのである。


------------------

日本が世界に信じ込ませた正義を体現する為に、特定アジアを含む、日本を悪に仕立て上げてしまった国々が、自国の外交を制限しなければ成らない状況に成ってしまったのでは無いかと思えるのである。


つまり何が言いたいか?と言うと……

「日本国政府は、外交の為にワザと冤罪を被ってね!?」



以上を持って「特定アジアに対してのコントロール外交?」を終わらせていただく。

本日はココまで!


面白かったら是非ボタンをポチっ!とクリックしてね♪

人気ブログランキング

nh01ai33 at 09:30コメント(0)戦略 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己紹介
ブログ主:無責任野郎
職業:今、無職

参考にした文献の著者
およびチャンネル、ブログなど

≪チャンネル≫
 地上波テレビ
 チャンネルグランドストラテジー
 THE STANDARD JOURNAL
         アメリカ通信
 チャンネル桜
 虎ノ門ニュース(DHCシアター)
 国際政治チャンネル

≪経済評論家≫
 三橋貴明 氏
 藤井聡 氏
 上念司 氏
 渡邉哲也 氏

≪戦略家家≫
 エドワード・ルトワック 氏
ランキング

国際政治・外交ランキング

ためになったらポチっ!
とリンクをクリックしてね♪
  • ライブドアブログ