2017年10月19日

北海道の地政学

今回は、「北海道の地政学」に関して考察してゆこうと思います。


なぜ今、北海道なのか?と言うと、中国人による不動産購入で熱い状態に成っており、また一部の情報では、中国が北海道の釧路港を拠点に、北極海貿易ルートを開拓しようとしているからだ。という話も出てきています。

今日はその点について考察してゆこうと思う。






★米国さえ北海道には軍を入れさせてもらえてない。

日本は、国内に米軍を駐留させているが、実は北海道にだけは立ち入らせてはいない。と言うか米軍基地が有りません

何故か?

それは、もし米軍の海軍基地が北海道のオホーツク海沿岸部出来ようものなら、ロシアのオホーツク海聖域戦略が成立しない状態に成っていしまうからです。

前回の千島列島の地政学でも述べた通り、ロシアのオホーツク海の原子力潜水艦が無力化された場合、米国と相打ちしてでも逆らい得る力を持つモノが居なくなるため、米国が暴走してしまう可能性が有ります。たとえ暴走しなくても、かなり苛烈な要求を世界に対して通せる様になってしまいます。日本としても世界としてもソレは避けたいところです。(もしかしたら米国自体も、その様な国家であると思われる可能性が出てくるため嫌がるかもしれません)

≪現状≫
c2北海道現在
(青=米勢力 赤=中国 緑=ロシア)

★北海貿易ルートの開発

最初にも記しましたが、中国が政府が北海道の釧路港を起点にして、北極海貿易ルートを開拓しようと言う計画を挙げてきました。しかしソレは釧路港を一時的に貿易拠点として活用しようとしているだけなのでしょうか?

不動産の大量購入等を合わせてみると、何か北海道で事を起こそうとしているとも取れてしまいます。



★中国に対する対露戦略支援政策である?

一帯一路構想で北極海ルートを開拓したいので、北海道の釧路港を拠点にしたい。と言うのは表向きの看板で、本心は釧路港を拠点に、ロシアに強制占拠中の北方領土を奪取して、オホーツク海に隠れている原子力潜水艦を炙り出せる状態を維持して、対露外交や戦争を有利に進めれる様にしたい。と言うのが本音ではないだろうか?


≪もし現状のまま、中国が北海道を手に入れたら≫
c2北海道IF改

日本は米軍さえ北海道に駐留させてないのに、中国軍を招き入れる可能性を示唆させる行動を取っている。と言う事は、中国の対露戦線に対して援助しますよ。と言っている様なもので、間接的に対露圧力となるのでは無いでしょうか?

つまり現在、日本は中国資本を北海道に入れる様な経済政策を行っているが、中国を利用したロシアに対する圧力の一端かと解釈もできるのです。


----------------------

以上を持って北海道の地政学の考察をさせていただきました。なおこの考察以外にも中国は北海道を手に入れる事によって、米国アラスカへの侵攻ルートを手に入れる事も出来る。と言う考えも付け加えさせてもらいます。


北海道に関してはこれ以上記述する事は現時点では無いので、このくらいで筆をおかせていただきます。


本日はココまで!


面白かったらポチっ!

とリンクをクリックしてね♪

    ↓


国際政治・外交ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


nh01ai33 at 09:30地政学 | 戦略
プロフィール
ブログ主:無責任野郎
職業:今、無職

参考にした文献の著者
およびチャンネル、ブログなど

≪チャンネル≫
 地上波テレビ
 チャンネルグランドストラテジー
 THE STANDARD JOURNAL2
   アメリカ通信
 チャンネル桜
 虎ノ門ニュース(DHCシアター)
 国際政治チャンネル

≪経済評論家≫
 三橋貴明 氏
 藤井聡 氏
 上念司 氏
 渡邉哲也 氏

≪戦略家≫
 エドワード・ルトワック 氏
 孫子(兵法書)

・コメント欄について
 閲覧者様方のコメント入力フォームを削除させていただきました。
ランキング

国際政治・外交ランキング

ためになったらポチっ!
とリンクをクリックしてね♪

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
記事検索
  • ライブドアブログ